( ! ) Warning: getimagesize(specMedia/thumbs/389__07.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/iicdvolu/public_html/getPageData.php on line 85
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0004255768{main}( ).../index.php:0
20.0058322184include( '/home/iicdvolu/public_html/getPageData.php' ).../index.php:13
30.0147377552getimagesize ( ).../getPageData.php:85
DRHスクール | IICD - Institute for International Cooperation and Development

DRHスクール

[The International DRH Movement] 

DRHスクールは1970年に北欧デンマークで始まり、アフリカ・アジア・中南米の開発に携わる国際ボランティアを養成し、これまで10,000人以上を国際NGO Humana People to Peopleの開発プロジェクトに派遣してきました。現在、世界8ヶ国に14のスクールを抱え、毎年80ヶ国以上から約600人のボランティアがプログラムに参加しています。アメリカではIICDマサチューセッツ・IICDミシガン・キャンパスカリフォルニアTGの3つのDRHスクールで国際ボランティアプログラムを実施しています。

DRHとはデンマーク語のDen Rejsende Højskole(旅する学校)の頭文字を取ったものです。 

[The International Humana People to People] 

Humana People to Peopleは1977年に設立された国際NGOで、現在34ヶ国にある加盟組織により構成され、世界中で200以上のプロジェクトを運営しています。ヨーロッパ・北米では主にリサイクリング事業を通して開発プロジェクトを通して開発プロジェクトの資金調達を行い、アフリカ・アジア・中南米ではコミュニティ開発・エイズ・孤児・ストリートチルドレン・教育・農業・環境などの分野で、貧困削減を目指した持続可能な開発プロジェクトを展開しています。 

http://www.humana.org/

1970年にデンマークで初のDRHスクール(旅する学校)が日の光を見ました。1960年代という混沌とした時代に、世界を旅した8人の教師のグループによりDRHスクールは運営されました。

最初の10年間、DRHスクールはデンマークとスカンジナビア半島で話題になりました。何千の若い人たちが、旅で世界を知り、出会う人々と友好を結び、人々の生活から学ぶことを目的としたコースに参加しました。累計で140以上の国々に訪れ、旅した距離は地球と月を100回往復したのと同じです。

教師と学生は世界中の多くの貧しい国々について多くの事を学びました。多くの人々にとっては驚くような真実ばかりでした。私達はテレビを通して、世界の知らない場所を見る事をできますが、それが全て日常の姿を映している訳ではありません。 

最初の10年間の旅は、全てが試みでした。ヨーロッパやアジアからインドまでを古いバスでの横断、手作りのボートでヨーロッパを航海、南アメリカへ行き徒歩での旅、バイクでのアメリカ横断、犬ゾリでグリーンランドの氷上を横断、ソビエト連邦から中国までシベリア横断鉄道での旅、サハラ砂漠を四輪駆動車での横断、カナダの自然の中をカヌーしたり、カリブ地域をタンデム式自転車で旅したりもしました。

 基本的に1つの旅は9ヶ月を要しました。2ヶ月間の準備、4ヶ月間の旅、そして3ヶ月間の情報まとめです。バスの中で何度も目的を練り直す事もありました。彼らはデンマークからインドへ行き、中東経由で戻ってきました。旅行先、特に故郷から離れた所では、現地の人々は驚いていました。何のためにこの人達はここへ来たのか?ただ質問をして答えを聞きに来たのか?新しい知り合いや友達を作り、他の地域の生活を学ぶためか?

そしてTravel Folk High Schoolは自分たちの方針を決めました。

 “自分が学びたいと思う事に自ら歩み寄る事。その事に近づけば近づくほど、より多くの事を学ぶでしょう。”

 “私たちはこの世界に共存しているのです。”

 “何かを学ぶためには、まだ先が見えない地点からの準備が必要です。” 

 “自分が学んだ事を誰かに伝える事で、さらに多くの事を学べるでしょう。“

60年代、70年代は、多くの人が世界に興味を持ったり、世界に渡る様になりはじめました。この時期に経済成長、教育の向上、テレビの出現が起こり、発展国がどんどん先へと進んで行きました。先進国にいる多くの人々が、世界中の人々の間には大きな不平等があるという真実に気付きました。そして、その不平等さに対して何か行動を起こす事こそ彼らの仕事であると悟りました。そしてTraveling Folk High Schoolは一般の人々も起こせる行動を共有できるようにしました。

私たちが学んだ教訓はとても単純なものでした。貧富の差、人種、宗教の違いなどはあっても、全く同じ人類がこの地球に生きてるという事です。誰もが、良い環境の中で生活したいと思っています。平和を祈り、より良い世界を望んでいます。生計を立て、教育を受ける事、健康でいる事、子供を育てる事、生活を楽しむ事。それらは誰もが望む事です。

ただ、人々が置かれた状況、その望みを叶えられる可能性はとても異なります。ある場所ではその望みを叶える事はとても簡単で、恵まれすぎている所もあります。その一方で他の場所では、小さな望みを叶える事すらとても大変で、彼らの生活に変化をもたらす事ができない所もあります。

現在この世界にある貧富の差はとても大きく、裕福層は増えて行くに連れて、貧困層との差も急激に開いています。それと同時に、この貧困状況を解決しよう、そのための行動を起したいという願いも強くなりました。

それは、それまで私達がしてきた世界を周り現状を見たり、その状況について勉強するという事から、いざ行動を起こしより良いものを作って行こうという自然な変化でした。そして1980年からスクールのプログラムは視察旅行をする事から、実際に活動に参加するものへと変わりました。

最初は小さな事から始まりました。例えばインドの小さな村の子供達にビタミンの栄養剤を持って行ったり、真冬にはー40℃以下になる東トルコの人々にバスに積めるだけのコートを持って行ったりしました。地元のスーパーが寄付してくれた植物の種をボリビアの田舎町の農家へ持って行く事もありました。

1つの場所に1ー2ヶ月という長めの期間滞在し、持って行ったお金や物資を使って、学校、幼稚園、小さな店を建てたりもしました。

1977年には、今日のInternational Humana People to People Movementとなるものが、Traveling Folk High School の教師達によって設立されました。目的は、貧困、病気や困窮をなくす為に戦う事、これからの未来の生活を改善する活動をする事でした。

Traveling Folk High Schoolは、1980年からそれまでにのHumana People to Peopleとの共同活動によって世界各地にスクールの数を増やしてきました。スクールとHPPで協力し、一般の人々がアフリカ、アジア、中央アメリカでの発展プロジェクトに参加できる機会を提供してきました。そして、過去20年で、年齢、国籍を問わず数千もの人々がこの機会を手にしてきました。

今日では、13校(デンマークに4校、ノルウェイに1校、イングランドに1校、アメリカに3校、中国に1校、インドに1校、南アフリカに1校、カリブに1校)のTraveling Folk High Schoolが世界にあります。教育プログラムを発展させる世界的な活動に参加したり、人々が発展を手伝う活動に参加する機会を提供しています。

またHumana People to Peopleはおよそ30カ国と協力して活動を行っています。先進国でのプロジェクトは古着回収を行ったり、発展途上国のために募金活動を行ったりしています。多くの発展のためのプロジェクトはサハラ砂漠以南のアフリカの国々で行われています。学校の建設やサポート、チャイルドエイド、環境プロジェクト、HOPEやTCE(HIV/AIDSに関する活動)、募金活動、難民保護などを行ってきました。

プロジェクトは、一人一人の努力を通して現地の人々の才能やスキルを伸ばしたり、より良い生活を作る事に焦点があてられました。これまでに50万以上の人々が直接プロジェクトに関わってきました。最初のボランティアがアフリカの田舎へ行き、キャンプを作り現地の人々と一緒に働いた時からずっと彼らはすばらしい仕事を続け、成功しています。活動を始めたばかりの頃は、地元の人々がこの見知らぬ白人達に対して色々な噂をしていました。 しかし、すぐにその地域に馴染んで行きました。そして、現地の人々も、このボランティア活動者達は慈善事業の訓練や何か報酬を求めてここに来ているのではないという事に徐々に気付いて行きました。活動者達は、発展途上の地域に発展をもたらす事に自分たちのエネルギーを注いでるただの仲間としてとらえてもらいたいと思っていました。そして、その事で、自分たちと同じような平等な生活をその地域にももたらす事ができればと願っていました。それは、自然な事であり、人間としての単純な幸福を祈る当たり前の事でした。

 ここ25年間、世界の現状と同じように、Traveling Folk Schoolのプログラムも大きく変化しました。2000年の到来で現地活動者はDIとなり、得た知識と経験をどのように発展を作り上げていくかに反映してゆくことになったのです。

生徒達はチームの一部としてプロジェクトに参加するのですが、DIとしてプロジェクトを継続するために個々の課題もこなしていきます。DIはそれぞれHumana People to Peopleが提供するプロジェクトの中から課題を選びます。プロジェクトそのものは長期間のものでローカルとインターナショナルのプロジェクトリーダーがついています。DIは発展の上で、とても価値のある新しい力の源となっています。それは、一人一人の力や活動への貢献が、活動の一部となり、支え続けているからです。

 発展とは様々な面と場所で起こる現象なのです。それは特許権を取られることもなく、発展の作り方が料理のレシピのように決まる事は決してありません。DIはそれぞれ活動に参加して、個々の回答を見いだし、スラムの発展に貢献するための意思を持っていないといけません。この現実の世界の中で、、、

.

Want to know more?

Fill out the application form to speak with one of our recruiters.

News From IICD
Our volunteers made this blogs while they worked in Mozambique and Zambia, Africa. An honest and authentic point of view of their project.
"As we stand on the edge of a new millennium, we dream of a tomorrow without hunger… Worrying about starving future generations won't feed them. Food biotechnology will."
It’s like this proverb from Sobonfu Some: “In the tribal life, one is forced to slow down, to experience the now and commune with the earth and nature. Patience is a must; no one seems to understand the meaning of “hurry up”.”
TO CAST OFF ONE'S CHAINS BUT TO LIVE IN A WAY THAT RESPECTS AND ENHANCES THE FREEDOM OF OTHERS" NELSON MANDELA
that the earth is NOT coming to an end on December 21st 2012 as predicted by some of our forefarthers
Aurora, Feoli and Takashi share their experiences in Brazil.
Friends Forever is arranging sales exhibitions "Master Sculptors of Zimbabwe and their Works" worldwide. Read more on http://www.friendsforeverzimbabwe.com
then the villagers could be free from the grasp of the loan sharks. That is what I did. I never imagined that this would become my calling in life.
that my six months in Lamego, Sofala state in Mozambique, would be such a great time in my life before getting there
but at the end you will get a bigger reward that only this experience can give you……. in my case it was…… humility.
Site By BerkSites - Berkshire Website Design
Website design, hosting and maintenance by BerkSites - Berkshire Website Design
loading...