The countries

国々

Mozambique

モザンビークは1975年、約五世紀に渡るポルトガルによる植民地支配から独立を果たしました。独立時、モザンビーク人の98%が非識字であり、ポルトガルがモザンビークを離れる際に、経済的基盤はポルトガル人たちによって放棄、または破壊されるという厳しい難題に立たされました。

モザンビークの人々は、国の構築、貧困との戦い、植民地化という禍根の克服、内戦など、多くの課題に直面しています。しかし、モザンビークを訪れたことがある人々は、モザンビーク人に対して大きな尊敬と、前向きに困難に対応する力に尊敬を持って帰って行きます。

ADPPはHumana People to Peopleの中の一つの団体であり、モザンビークで1982年から始動しました。モザンビーク人とADPPの間には強い繋がりと尊厳が存在します。

ADPP – MOZAMBIQUEの活動

教員養成学校、チャイルドエイドプロジェクト、識字教育、ADPP工科大学、農業学校、ワンワールド大学、HOPEプロジェクト、チルドレンタウン、ADPP中高等学校、ストリートチルドレン学校、ファーマーズクラブ、TCE(疫病啓蒙活動)プロジェクト、ADPP古着販売プロジェクト、開発インストラクタープログラム、奨学金プログラム

これまでに10,000人以上の教師が農村部の小学校で働くことを経験した。モザンビークでは、初等教育に力を入れており、現在の子どもの80%以上が5年間学校に通っています。私たちの開発のインストラクターは、英語、理科、数学とその他の科目を教えます。彼らはコミュニティに対しても同様に、週末と夜の授業プログラム、ワークショップ、教育実習期間などを実施します。

http://www.adpp-mozambique.org

 

ザンビア

ザンビアはアフリカの暖かき心

ザンビアは南部アフリカの中心部に位置する内陸国です。高原に位置し、ルアプラ川とザンベジ川のような雄大な川が流れ、自然の境界線を創りあげています。また豊富な水の供給もしています。北にはコンゴ民主共和国北部、西にはアンゴラ、東にはモザンビークとマラウィ、南にはジンバブエが位置しています。

ザンビアは11.5万人の人口を持つテキサス州よりも若干大きめです。銅、亜鉛と石炭の採掘と加工は年間GDPの85%以上に貢献しています。

農業に適す気候を持つにも関わらず、、大都市の採掘産業のより良い生活を捜し求めるために、人口の50%が高度に都市化された都市に住んでいます。

ザンビアの人々は非常にオープンでフレンドリーです。人口は、それぞれ独自の言語と文化を持つ70以上の民族で構成されます。

ザンビア人は国としての一体感を重要視しています。 "一つのザンビア、一つの国"、これは自国のモットーとして表されます。

ザンビアでは1964年に終了した英国の植民地化期間、またその後の両方においても平和な国であった。

ザンビアには、かの有名なビクトリアの滝を保有し、国立自然公園では自由に見歩くことができる。

ザンビアは南部アフリカの中での債務国の一つです。総GDPの32%が毎年の融資を返済するために使用されます。ザンビア人の86%は貧困線以下で暮らしています。

ザンビアでは、人口の18パーセントがHIVに感染しているとされています。その結果、人口の46%が18歳未満です。

エイズの流行と貧困に悩まされるこの国で行われるべきことは数多くあります。

DAPPはHumana People to Peopleの団体の一員として、1986年にザンビアで始業しました。 DAPPザンビアはすべての9つの省で、28の開発プロジェクトを実行しています。

これらのプロジェクトして、農村部での草の根開発に力を入れるチャイルドエイドプロジェクト、HIV/AIDSへの抑制に力を入れるTCE,HOPEプロジェクト、安定した農業へ向けてサポートするファーマーズクラブプロジェクトなどがあります。

それに加え、DAPPは27の古着小売店を経営し、そこではヨーロッパで収集され、船で送られてくる古着を現地人にとって合理的な値段で販売します。その利益を資金に、チャイルドエイド、HOPE、初等学校教員養成学校などが運営されています。

http://www.dappzambia.org/

Want to know more?

Fill out the application form to speak with one of our recruiters.

News From IICD
Our volunteers made this blogs while they worked in Mozambique and Zambia, Africa. An honest and authentic point of view of their project.
"As we stand on the edge of a new millennium, we dream of a tomorrow without hunger… Worrying about starving future generations won't feed them. Food biotechnology will."
It’s like this proverb from Sobonfu Some: “In the tribal life, one is forced to slow down, to experience the now and commune with the earth and nature. Patience is a must; no one seems to understand the meaning of “hurry up”.”
TO CAST OFF ONE'S CHAINS BUT TO LIVE IN A WAY THAT RESPECTS AND ENHANCES THE FREEDOM OF OTHERS" NELSON MANDELA
that the earth is NOT coming to an end on December 21st 2012 as predicted by some of our forefarthers
Aurora, Feoli and Takashi share their experiences in Brazil.
Friends Forever is arranging sales exhibitions "Master Sculptors of Zimbabwe and their Works" worldwide. Read more on http://www.friendsforeverzimbabwe.com
then the villagers could be free from the grasp of the loan sharks. That is what I did. I never imagined that this would become my calling in life.
that my six months in Lamego, Sofala state in Mozambique, would be such a great time in my life before getting there
but at the end you will get a bigger reward that only this experience can give you……. in my case it was…… humility.
Site By BerkSites - Berkshire Website Design
Website design, hosting and maintenance by BerkSites - Berkshire Website Design
loading...