The Future

この先地球や人類に何が起こりえるか、これから期待されることや新しい技術が未来をどう変えていくのかなど、現代からこれからについて学んでいきます。

第二期は第一期と同じく3ヶ月で構成され、各月1ヶ月ずつ、そして各月々にはその月の学習内容を示すトピックが付けられています:

 

未来への展望

第二期の最初のひと月は理論、政策、期待、予測、サイエンスフィクション、科学、新たな発見など全ての分野において手を付けてもらいます。科学者、政治家、著者、歴史家、エコノミスト、宗教グループ、環境専門家、労働組合やシンクタンクなど、左よりの人々から右よりの人々まで幅広く連絡をとり、さまざまな将来への考え方、価値観に触れていきます。

勉強、ミーティング、インタビュー、討論、質問、考察などを行いこれからの未来に対して理解を広め、物事の筋を通し、自身のオリジナルの結論にいたっていきます。

未来をかたどる新技術

2ヶ月目は最新かつ革新的な技術をチーム全体、または個々人で学んでいただきます。

産業時代を理解するため、ディーゼルエンジンの仕組み、電気とは何か、栄養素は体の中でどのように作用しているのか、原子力発電はどのように作用しているのか、などの知識を得、人と社会を囲む物事の理解に取り組みます。現代においては未来は科学、医学、技術などの分野において世界中で毎刻築かれています。新しい技術は旧態の生活様式の常識を覆し、新しい発見をさせてくれます。

ナノテクノロジー、ジェネテクノロジー、ステム細胞、最新技術やデザイン、バーチャルコミュニケーションシステム、電磁波への新たな理解、最新の宇宙科学、エネルギーやエネルギー生産への新しいコンセプト.. この月においては新しい、そして未来の現実を見つめ、未来の地へ足を付け、世界を支える技術について討論していきます。どのような良い側面を得られるでしょうか

新しい技術から得られるアドバンテージを理解し、展示会の開催、講義の開講、執筆などを行い、あなたの考えを世に広めていきます。

ここから先へ

第二期の最後の月はチームまたはトリオで創造モードに入っていただきます。1ヶ月目から5ヶ月目までに学んだことを使い将来に対するあなたの見解を作り出します。

新しいアイデアの創造や構造の考察、計画へのテクニックを学びトレーニングするためにチームはシンクタンクのように振舞います。現代の抱える問題と戦っていただきます。2030年や2040年頃、これから後に起こりえる問題点に抵抗してもらいます。スラム街の問題点を指摘し、これから先は郊外区においてはどのような生活をすべきかをモデリングします。若者が社会において発言力をもつにはどうすればいいか、方法を提案します。全ての人に最低限必要なものを供給するためにどうすればいいか新しい技術とあるべき形式を調査します。

あなたの発言、発見、エッセイ、スピーチ、まとめ、展示物などは、友達やご近所の方々などこれまでの6ヶ月間で出会った方々に対して行う“Weekend of the Future”において発表されます。これにてプログラムの次のステージの準備は整います。

   

Want to know more?

Fill out the application form to speak with one of our recruiters.

News From IICD
Our volunteers made this blogs while they worked in Mozambique and Zambia, Africa. An honest and authentic point of view of their project.
"As we stand on the edge of a new millennium, we dream of a tomorrow without hunger… Worrying about starving future generations won't feed them. Food biotechnology will."
It’s like this proverb from Sobonfu Some: “In the tribal life, one is forced to slow down, to experience the now and commune with the earth and nature. Patience is a must; no one seems to understand the meaning of “hurry up”.”
TO CAST OFF ONE'S CHAINS BUT TO LIVE IN A WAY THAT RESPECTS AND ENHANCES THE FREEDOM OF OTHERS" NELSON MANDELA
that the earth is NOT coming to an end on December 21st 2012 as predicted by some of our forefarthers
Aurora, Feoli and Takashi share their experiences in Brazil.
Friends Forever is arranging sales exhibitions "Master Sculptors of Zimbabwe and their Works" worldwide. Read more on http://www.friendsforeverzimbabwe.com
then the villagers could be free from the grasp of the loan sharks. That is what I did. I never imagined that this would become my calling in life.
that my six months in Lamego, Sofala state in Mozambique, would be such a great time in my life before getting there
but at the end you will get a bigger reward that only this experience can give you……. in my case it was…… humility.
Site By BerkSites - Berkshire Website Design
Website design, hosting and maintenance by BerkSites - Berkshire Website Design
loading...