The Service Period

第三世界へ旅をし、ヒューマニズムの連帯を基盤とした活動により開発の指揮の援助を行い、貧困と肩を並べ戦い、改善、状況の変化させます。

第三期において、あなたの三人組は第三国で行われているHumana People to Peopleのプロジェクトで働いていただきます。最初の6ヶ月の経験や得た知識を背に、またあなたのこれまでの人生経験を踏まえ、あなたは世界の不平等や問題点を理解し、あなた自身が他人と比べて特別な存在であることに気付くでしょう。 あなたはあなたの能力と技能を第三国の貧困との戦いのために使うことを相応しく思うでしょう。

今こそあなたの開発インストラクターとしての力と能力をプロジェクトへ還元し、貧困という状況を変え、改善するために必要なことを行うときです。

開発インストラクターとして働くこと

任地に到着したとき、あなたはインストラクションと課題をプロジェクトリーダーまたは担当者から受け取り、その土地や人々の紹介が行われ、プロジェクトの一員となります。

三人組として実践的な仕事、組織的な仕事、貧しい農家の方々との仕事、女性グループとの仕事、若い失業者との仕事、村との仕事、両親との子供の健康を守る仕事などを行います。

食糧生産を行うことによって、インカムジェネレーションを行うことによって、栄養確保のために畑仕事を始めることによって、幼稚園を通して子供たちに勉強を教えることによって、病気撲滅による健康管理を行うことによって、水を田舎村に引き生活環境を改善させることによって、またその他さまざまな方法によって貧困に立ち向かいます。

この間はあなたは仕事と生活を共有し、貧困に打ち勝つために障害に立ち向かいます。物事をどのように行うかを見つけ出し、材料を確保し、計画・実行、計算・システムの確立、そして勝利したときその喜びを一緒に分かち合います。あなたは一人ではないのです。

この方法で実際に貧困の生活は改善し、個々は一つにまとまり技能と知識をあなたの努力によって変化をもたらすことで得ます。これは人間としての、そして政治的な人生の価値を変える経験なのです。それに加え、世界はあなたとともに貧しさと戦っている貧困層へと開かれます。あなたはその場に居合わせるのです。あなたは一緒に活動しているのです。あなたは友となり、それによってあなたがどこから来たのかなどは問題なく、私たちはみな人間で、みな同じ性質をもつのだとあなたと彼ら自身によって発見するでしょう。喜びと悲しみを同様に感じ、同様の必要性を持ちます。私たちは悪いジョークで笑い、シャベルを同じように使い、人間愛への大きな野望を共有します。

貧困と闘うことはあなたが働くプロジェクトによって多くの形や姿を持つことができます。井戸を建設するプロジェクト、Humana People to Peopleの基礎を固めるまったく新しいプロジェクトなどということもありえます。ファーマーズクラブで働くことになればチャイルドエイドプロジェクトとは違ったものになりますし、本部の仕事とも、エイズやマラリアのプロジェクトとも違います。あなたはどこにいてもあなたが必要とされ、日々の仕事は未来のあなたの経験、能力、統率力、発明力などに生かされることを実感します。

開発インストラクション、貧困との肩を並べた戦い、それらはあなたが現場で地を掘り汗をかくことで行われ、小さな農家に新しい畑ができ、村の女性たちへ水道が出来るのです。栄養についても教えることが出来るし、マラリアを撃退するための対策法も伝えられます。コミュニティと一緒に子供の死を悲しみ、後日、看護師を呼び子供たちに注射を与えるのにどのように行うかも話し合います。協賛者へレポートを書きプロジェクトリーダーを助け、テキストを書き、グラフを描き、レイアウトを作成します。イベントを計画、準備、運営し、街で道具や塗料を無料で確保するために数日過ごすこともあります。本部で働いているときはチャイルドエイドが抱える問題点の基本的な背景を見つけ出し、解決策を講じ、取り組みます。

貧困に対するとき一人であろうが一つになっていようが、実践的な業務を行っていようが論理的な業務を行っていようが、コミュニティで働いていようがオフィスで働いていようが、それは意図的であり貧困と立ち向かうための活動の結果として先進的なものなのです。

あなたが働こうが働かまいが、あなたの課題はプロジェクトリーダーが必要としているものなのです。もちろん日々の活動で発言したりミーティングで提案したりも出来ますが、最終権限はプロジェクトリーダーにあります。

Want to know more?

Fill out the application form to speak with one of our recruiters.

News From IICD
Our volunteers made this blogs while they worked in Mozambique and Zambia, Africa. An honest and authentic point of view of their project.
"As we stand on the edge of a new millennium, we dream of a tomorrow without hunger… Worrying about starving future generations won't feed them. Food biotechnology will."
It’s like this proverb from Sobonfu Some: “In the tribal life, one is forced to slow down, to experience the now and commune with the earth and nature. Patience is a must; no one seems to understand the meaning of “hurry up”.”
TO CAST OFF ONE'S CHAINS BUT TO LIVE IN A WAY THAT RESPECTS AND ENHANCES THE FREEDOM OF OTHERS" NELSON MANDELA
that the earth is NOT coming to an end on December 21st 2012 as predicted by some of our forefarthers
Aurora, Feoli and Takashi share their experiences in Brazil.
Friends Forever is arranging sales exhibitions "Master Sculptors of Zimbabwe and their Works" worldwide. Read more on http://www.friendsforeverzimbabwe.com
then the villagers could be free from the grasp of the loan sharks. That is what I did. I never imagined that this would become my calling in life.
that my six months in Lamego, Sofala state in Mozambique, would be such a great time in my life before getting there
but at the end you will get a bigger reward that only this experience can give you……. in my case it was…… humility.
Site By BerkSites - Berkshire Website Design
Website design, hosting and maintenance by BerkSites - Berkshire Website Design
loading...